葬儀は人生最後のイベント-悲しみを郷友と共有する-

葬儀の流れ

葬儀は、その宗教や宗派によっても葬儀の流れは変わってきますが、日本では基本的に仏式の葬儀で行われます。身内の場合でも知人の場合でも、基本的な流れは知っておくと良いでしょう。

readmore

故人との関係で変わる

葬儀に参加する場合、故人との関係性によって、参加の仕方も大きく異なります。身内の場合であれば、早い段階で故人の元に駆けつけることが大切です。友人や知人の場合であれば、告別式までには出席をしておくのが良いでしょう。

readmore

葬儀会社の選び方

葬儀を行うときには葬儀社選びも非常に重要です。葬儀社によって、基本となる価格や料金形態が異なるので、急に葬儀を行うことになっても慌てないでいい様に、事前に葬儀社について調べておくのが良いです。

readmore

故人を送り出す

いつ訪れるか

身内や親族、友人や知人の死はいつ訪れるかわかりません。
身内の場合、特に両親の場合であれば、自分より先に両親のお葬式は訪れます。
急に訪れた葬儀で混乱することの無いように、事前に葬儀についての費用やマナー、流れなど理解しておく方が良いでしょう。
今では葬儀の形もかなり多様になっており、一般葬など、故人の知人や友人も参列するものから、家族葬などのこじんまりと行う葬儀もあります。
もし、葬儀をする日が近いかもしれないのであれば、事前に葬儀社や連絡先を調べておくことも大切です。
これはなにも不謹慎なことではなく、故人がより理想の形で天国へ送られるためにも非常に重要なことといえます。

自分でも決められる

もし、自分の余命が近いと感じているのであれば、事前に葬儀の方法も決めて遺書として残しておくのも1つの方法です。
特に、お墓のことや借金の有無、財産の有無によっては残された遺族にも大きく影響してきます。
葬儀を身内だけで執り行って欲しいのであれば、遺書や遺言状などにそのことを記しておくと良いです。
葬儀はご臨終が確認されたら直ぐに手配が始まります。
できるだけ早い時点で葬儀会社に連絡することが大切です。
今では病院などでも葬儀会社を紹介してくれる場合もあるので、もしどのような葬儀場が良いか分からないというのであれば、病院の紹介などで葬儀社を選んでも良いでしょう。
連絡するときには、葬儀社から、故人の名前や葬儀代表者の名前、続柄、連絡先、病院なども聞かれるので事前に決めておくことが大切です。