葬儀は人生最後のイベント-悲しみを郷友と共有する-

故人との関係で変わる

親族や近親者の場合

訃報を受けた場合、故人との関係性で始めに参加する葬儀もことなってきます。
特に親しい間柄の訃報を受けたのであれば、できるだけ早い段階でその人の家に駆けつけることが大切です。
その場合、訪問する時間も事前に確認してから葬儀に伺うのが良いでしょう。
基本的には弔問で訪れることが多いですが、この時に故人との対面を求められる場合もありますが、あまりにも対面が辛いのであれば断っても大丈夫です。
遺族は葬儀の準備でかなり忙しくなっているので、もし手伝う余裕があるのであれば、エプロンなどを持って行って手伝う心遣いをするのも大切です。
親族が亡くなったときに遠方にいる場合に訃報を受けた場合は、早急に遺族にお通夜の時間などを確認しておくのが良いでしょう。
もし参加できないのであれば弔電を出しておくのもマナーの1つになります。

友人知人の場合

亡くなった故人が友人や知人の場合であれば、お通夜や告別式までには出席をするのが良いでしょう。
親しい仲であれば、遺族も知っていることが多いので、お通夜から参加しても良いです。
親しいのであれば、お通夜から告別式まで両方参加するのが基本になりますが、そこまで親しくないのであればどちらかの参加で大丈夫です。
もし友人知人でもかなり親しい間柄であれば、火葬まで一緒に見送ってほしいと遺族から求められることもありますが、その場合はできるだけ参加することが大切です。
このように葬儀も故人との関係によって大きく参加形態が異なってくるのでマナーとして葬儀の知識として知っておくことが大切です。