葬儀は人生最後のイベント-悲しみを郷友と共有する-

葬儀の流れ

訃報を受けたら

ご臨終が確認されてから葬儀の準備は始まりますが、亡くなった日は親族だけで仮通夜が行なわれます。
次の日が本通夜というのが一般的になりますが、主となる親族がその場に居合わせることができない場合は、日取りを変更刷る場合もあります。
訃報を受けたのであれば、基本的には近親者がとりあえずの弔問を行います。
この弔問に参加するときは、喪服ではなくできるだけ地味な格好にするのが無難です。
訃報を受けたら翌日か翌々日に近親者だけでお通夜が行なわれますが、この場合夕方6時頃に行なわれることが多くあります。
宗教なども関係してくるので、親族ではなくて、葬儀もお通夜から参加するのであれば事前に確認しておくのが良いでしょう。

一般会葬者も参加

お通夜が終わったら、一般の会葬者も参加する告別式がとり行われます。
葬儀は故人の冥福を祈り、成仏を祈る目的で行われ、告別式は故人との最後のお別れをするものとされています。
今では告別式までも含めて葬儀とする考え方が一般的になっています。
葬儀と告別式は続けて行なわれますが、この場合は喪服を着用して参加する必要があります。
ほとんどの場合、午前10時頃から始まり告別式終了後に火葬が行なわれます。
宗教によっては埋葬を行うこともありますが、日本では火葬を行うところがほとんどです。
葬儀を行って初七日も過ぎたら、四十九日法要である程度の葬儀の流れは終了になります。
亡くなってから49日間はまだこの世にいるとされているので、この忌中は結婚式などの祝いごとへの出席は控えておくのが良いでしょう。